撮影から台帳提出まで、全て現場で完結

『蔵衛門クラウド』は、クラウド上で台帳を作成・提出できるオンラインサービスです。蔵衛門Padで撮影した写真をWiFi経由でアップロード、工事内容に合わせて自動的に写真を仕分けて工事写真台帳に保存します。台帳はクラウド上に保管、パソコン・スマートフォンなど様々な端末からアクセス・共有することが可能です。

写真をアップロード
クラウドで台帳管理

これまでの工事写真は、パソコンで管理されていました。無線LANがあれば蔵衛門Padで撮影した写真をアップロードしてクラウド上で、写真を工種や撮影場所別に振り分けて、台帳に保存できます。場所や時間を選ぶことなく、台帳を作成、編集することが可能になりました。

工種・場所ごとに
台帳を自動で作成

蔵衛門Padの黒板に入力した文字情報は、写真の横にレイアウトされ、自動で台帳に挿入されます。黒板の情報がそのまま流し込まれるため、写真に写された文字の確認や文字を打ち込む必要はありません。さらに、打ち間違いや記入漏れなどの人的リスクを減らします。また、写真と文字情報は連携しているため、写真整理も簡単です。

現場でも事務所でも台帳を閲覧・編集

クラウド上の台帳はWebブラウザ(Google Chrome)で確認することができるため、パソコン・タブレット・スマートフォンなど様々なデバイスからアクセス可能です。また、現場や現場事務所だけではなく、インターネットが繋がる場所なら、いつでもどこでもリアルタイムで最新の工事写真台帳を管理・編集することができます。

工事の進み具合を
メールですばやく報告

『蔵衛門クラウド』の共有機能を利用することで、お客様や本社・協力会社などに、工事の進捗状況をすぐに報告することができます。共有する相手のアクセス権限(閲覧のみ/編集可)を選択することもできるので、安心して共有することが可能です。工事案件ごとにそれぞれIDが発行されるので、複数の案件を同時に進められます。

A4プリントに最適化
されたPDFデータ

『蔵衛門クラウド』は高速PDF生成システムにより、アップロードした工事写真と黒板に書かれたテキストデータを自動でレイアウトし、A4プリントに最適化されたPDFデータを瞬時に生成します。写真の並び替えや文字情報の修正などの編集作業は、クラウド上で簡単に作業でき、何度でもダウンロードすることができます。

大量のデータも
クラウドならラクに納品

『蔵衛門クラウド』で作成した台帳(PDF)や写真(Exif情報が書き込まれたJPEG)などの大容量データは、クラウド上に保管しているので、提出時にメールでのファイル添付や他社のオンラインストレージを使う必要はありません。事務所や協力会社・本社などの提出先のパソコンでダウンロードすることができます。

案件ごとに選べるビジネスプラン

『蔵衛門クラウド』は「Kuraemon Card(くらえもんカード)」に書かれたシリアルコードを入力すると、正規版として利用することができます。カードは工期と写真枚数にあわせて、大・中規模工事向けの「ゴールド」(30日間/写真1,000枚)と小規模工事向けの「シルバー」(10日間/300枚)の2種類があります。

  • Kuraemon Card GOLD
  • Kuraemon Card SILVER

工期に合わせて
カードをまとめて購入

「Kuraemon Card(くらえもんカード)」は工事の工期や規模に合わせて、無駄なく購入することができます。例えば工期が1年の場合、12ヶ月分のカードを購入し、着工時にまとめてコードを入力することで安心して1年間利用することができます。長い工期の場合は予備のカードがつくので安心です。

  • ※コードの有効期限が切れると、作成した台帳は削除されます。
    もう一度コードを入力すると台帳を作り直すことは可能ですが、データの引き継ぎはできません。
  • ※「Kuraemon Card(くらえもんカード)」のコード入力期限は、購入から5ヶ月以内です。
  • ※1つの工事案件で、ゴールドカードとシルバーカードを併用することはできません。

工事写真管理は
クラウドで効率アップ

くらえもん☆オンラインで販売中
Kuraemon Card

お見積もり・ご購入はこちら