中小企業・小規模事業者様 限定 電子小黒板を導入すると 最大50万円 の補助金交付が受けられます!!

IT導入補助金とは?

IT導入補助金とは、ITツール(ソフトウェア、サービス等)導入費の一部補助による中小企業・小規模事業者(※1)の生産性向上を目的とした、経済産業省の制度です。ぜひ、この機会にIT導入補助金を活用して、電子小黒板の導入をご検討ください。

※1 建設業における中小企業:資本金3億円以下、並びに従業員300名以下
※2 IT導入補助金ポータルサイトはこちら

補助金の項目 内容
補助対象
経費区分
ソフトウェア・クラウド利用費・サービス導入費
補助率 補助金対象額の2分の1以内
補助上限額・下限額 上限額:50万円・下限額:15万円

補助金認定製品

蔵衛門の電子小黒板シリーズおよび工事写真管理ソフトが補助金対象となっております。認定製品をご購入の中小企業・小規模事業者の皆様に、導入費の1/2が補助されます。

電子小黒板

蔵衛門工事黒板 ライセンスキー
工事黒板入りの写真を一人で簡単に撮影・台帳編集ができる電子小黒板アプリ用ライセンスキー。電子小黒板ios版アプリ「蔵衛門工事黒板」と工事写真管理ソフト「蔵衛門御用達18」を高度に連携させます。
>>詳しくはこちら
蔵衛門Pad
工事用黒板とデジカメがひとつになった電子小黒板。黒板の記入から撮影、写真整理、台帳作成までの工事写真管理業務を全てこの1台でこなします。
※端末費は補助金対象になりません。別途、お支払いいただく必要がございます。 >>詳しくはこちら

工事写真管理ソフト

蔵衛門御用達18 スタンダード
17年の販売実績をもつ、「工事写真管理」ソフト。 ガイドに従い写真と情報を登録するだけで、手めくり感覚の工事写真台帳が作成でき、編集や仕分け作業の操作も直感的に行えます。
>>詳しくはこちら
蔵衛門御用達18 プロフェッショナル
17年の販売実績をもつ、「工事写真管理」ソフト。 プロフェッショナルでは国土交通省、農林水産省などの最新基準に対応。各種要領/基準に準拠した電子納品データの出力が可能です。
※5ライセンス版・10ライセンス版のご用意もあります。いずれも補助金対象です。 >>詳しくはこちら

導入規模と補助金額

補助金額は、認定製品の導入金額の1/2になります。上限が50万円、下限が15万円です。補助金の交付には、30万以上の購入が必要です。

補助金交付申請の流れ

補助金交付申請までの流れを説明します。STEP2、STEP3はお客様に行っていただく申請になります。事前に行っていただいても問題ございません。
交付確定し製品をご購入後に「事業実績報告」「事業実施効果報告」の提出を弊社と共同で行っていただく必要がございます。

  1. くらえもん☆オンライン IT導入補助金事務局へ連絡

    補助金交付申請をご希望の方は、お電話にてご連絡ください。

  2. お客様で「経営課題の分析」を行ってください(必須)

    IT導入補助金ポータルサイトの「経営診断ツール」を使用して、経営課題の分析を実施してください。分析後に発行される「経営診断結果ID」が交付申請に必要になります。

    >>経営診断ツールはこちら
  3. お客様で「SECURITY ACTION
    セキュリティ対策自己宣言」を行ってください(必須)

    独立行政法人情報処理推進機構(IPA)が実施する「SECURITY ACTION」の「一つ星」または「二つ星」の宣言をHP上から行ってください。

    >>SECURITY ACTION自己宣言申込みはこちら
  4. 補助金の交付申請を行う

    お客様と弊社の共同で交付申請の情報入力および申請を行います。

  5. 交付確定後、製品を購入する

    IT導入支援事業事務局による交付通知後、ご購入の手続きにうつります。

お問い合わせ

お申込みについてのご質問・お申込み状況のご確認は以下の事務局にご連絡ください。
「くらえもん☆オンライン IT導入補助金事務局」 担当:伊東(いとう)

受付時間
平日9:00〜18:30

受付時間 平日9:00〜18:30

※二次公募の弊社受付期限:
2018年7月20日(金)