くらえもん.comロゴ
蔵 衛 門 店
ホーム ダウンロード サイトマップ お問い合わせ
- 門 -
蔵衛門通信
蔵衛門アクセサリー
蔵衛門写真館
スーパーユーザー
クラエモンスタイル
くらえもん講座
蔵衛門ユーザーによるデジタル写真館です。皆様からの応募作品を2週間に1度コンペ。その中からもっともクオリティーの高い作品を『ピカイチ』として選出し、鑑賞するコーナーです。もう一度、アルバムを見直してみてください。その中に『ピカイチ』が眠っているかもしれません。たくさんのご応募お待ちしております。
>> バックナンバーのページへ
☆今週のピカイチ!2002/12/20更新 毎回の更新時にキラリと光る一枚をチョイス!
クリックすると拡大表示されます

『 鴨 』
千葉 様(宮城県)の作品

12月15日 伊豆沼周辺の野鳥観察会で撮った写真です。朝5時に起き、伊豆沼に行く。日の出と共に餌場に飛び立つ雁を観察。その後に周辺の田圃で、餌を食べる雁を観察し、沼で鴨に餌ををやる体験等、非常に寒い日でしたが楽しい体験をしました。夜明けと共に飛び立つ雁は、今回ビデオ撮影したため投稿出来ません。又、年末年始の天気の良い朝にでも出かけて撮りたいと思っています。今回の写真は、餌に群がる鴨の写真です。

--編集部から--
迫力ですね〜。フレームのすべてを鴨で埋め尽くしたのが効いています。作品からは鳴き声や、水面を掻く水音までもがリアルに伝わり、鴨の生命力に圧倒されます。欲を言えば、このフレームのどこかにポイントとなるドラマがあると、より深みが増すのではないかと思います。それと“夜明けと共に飛び立つ雁”はぜひ拝見させていただきたいものです。年末年始の撮影報告を首を長くしてお待ちしております。


あと少しでしたで賞 「ピカイチ」をあと一歩のところで逃した作品をご紹介いたします。
クリックすると拡大表示されます

『 神戸ルミナリエ2002 』
野村 様(東京都)

 初めて訪れました。今年で8回目。テーマは「光のぬくもり」です。大震災で亡くなられた方々、被害を受けた皆さん方に思いをはせ希望と勇気の光であることを感じました。
--編集部から--
私も初めて見ました。この時期、どこの街にも溢れるクリスマスイルミネーションとはどこか違った「荘厳」な雰囲気があります。一度見てみたいのですが、混んでるだろうな〜。
神戸ルミナリエ組織委員会オフィシャルホームページはこちら

クリックすると拡大表示されます

『 クモの糸 』
小川 様(鹿児島県)

 わが家の中庭に山紅葉がある。紅葉する季節と同じく秋に繁殖するジョロウグモが山紅葉の枝に巣をかける。最初は真新しいクモの巣も紅葉が散って張りつき、強い風が吹くと徐々に壊れていく。クモは獲物が来た時に困るので張りついたはっぱを一つ一つ丁寧に取ろうとするがどんどん散る紅葉にはとても追いつかない。壊れたクモの巣には、散って間もないものや時間が経ったものなど色も形も色々な紅葉が引っ掛かっている。龍之介の「蜘蛛の糸」とは違い、自然の営みの中ではクモの糸が季節を織り成している。
カメラ:オリンパスC-700UZ
--編集部から--
小川さん毎回ありがとうございます。すがすがしいのだけれど、 どこか物悲しい・・・この季節を見事に表現している作品だと思います。来年もご応募お待ちしております。

クリックすると拡大表示されます

『 絶景 』
武田 様(京都府)

 先日、高台寺のライトアップを見に行ってきました。すばらしい紅葉が池に映る景色に魅せられシャッターは何度切ったことか分かりません。デジカメでの夜景撮影はとっても難しかったです。(三脚使用不可だったため。)1枚目の写真には中央に水鳥?が写っています。ずっと飛び回っていたので、かなか捕らえられず写したというよりは、写っていたと言った方が適当でしょうか。しかも丁度ライトに照らされていて光っています。とっても貴重な1枚です。2枚目の写真は違う角度から写しました。足元の散り積もった落ち葉も見てください。
--編集部から--
大河ドラマファンとしてはタイムリーな作品に感謝します。北政所も約400年後にライトアップで歓声が上がることになろうとは思わなかったでしょう。
高台寺の公式サイトはこちら

クリックすると拡大表示されます

『 おまえもこんなのが良いかい? 』
小宮 様(神奈川県)

 教会前での結婚式を終えて記念撮影している風景に出会いました。この後姿の二人は会社の同僚なのですが、二人の様子が、あたかも「おまえもこんなのが良いかい?」と話しをしている、親と子の会話のようでしたので、思わずシャッターを切りました。紅葉がきれいな軽井沢での結婚を夢見ている親子を感じます。私も世が代であれば・・・・。
カメラ:オリンパスC-700UZ
--編集部から--
そんな会話が聞こえてきますね。あと、コメントの続きはどんなオチなのでしょうか?すごく気になります。

このコーナーでは皆様のデジタル写真をお待ちしております。『ピカイチ』作品にはスマートメディアや充電器などの景品をご用意しております。作品はメールに添付して下記の宛先までお送り下さい。お名前・ご住所・作品のタイトル・コメントも忘れずに!詳しいコメントや面白いコメントがあるとなおグーです。画像サイズは1280×1024〜800×600程度の大きさでお送り下さい。あんまり小さいと『ピカイチ』を逃してしまうかも。
宛先はこちら→ photo@triworks.com

▲このページのトップへ >> バックナンバーのページへ
©2014 LECRE Inc. All right reserved.

"くらえもん.com"はアルバム作成ソフト"蔵衛門"のオフィシャルサイトです。"蔵衛門""デジブック"は株式会社ルクレの登録商標です。

サイトポリシー プライバシー 会社案内 LECRE Inc.