くらえもん.comロゴ
蔵 衛 門 店
ホーム ダウンロード サイトマップ お問い合わせ
アルバムソフト「蔵衛門」の達人たち
「スーパーユーザー」では蔵衛門の達人が活用法のひとつを披露します。ただ、蔵衛門の使い方に正解はありません。感じたままに操作し、思い出をカタチにしてください。もしかすると、あなたはすでにスーパーユーザーになってはいませんか。そのときはご連絡ください。ご参加を心よりお待ちしております。

 

>> バックナンバーの一覧へ

蔵衛門ユーザー 渡辺 様   2007/2/15

今回ご紹介するのは蔵衛門歴1年の渡辺様です。蔵衛門版『震災時・災害時 帰宅写援マップ』を作成された渡辺様。このアルバムさえあれば、震災時に交通機関が麻痺しても、安心して自宅まで歩いて帰ることができます。いったい、どのようなアルバムなのでしょうか?発案者の渡辺様に教えていただきます。

■渡辺 様より ■

 皆様こんにちは、渡辺 伸二と申します。私はゼネコンに勤め、海外(アフリカ・タンザニア)に滞在していました。50歳を迎え仕事を終えた今、これまで得た経験やノウハウを活かした商材で起業ができないか模索していました。今回ご紹介させていただく『震災時・災害時 帰宅写援マップ』は、そうした中で発案した商材(まだ試作段階ですが…)です。

 発案のきっかけは、地図などで有名な昭文社が発行している『震災時 帰宅支援マップ』です。様々な情報が掲載されているだけでなく、携帯できる利便性も兼ねた、大変優れた地図である事に感心しました。さらに別の雑誌では、地図と写真を組み合わせた案内をしていました。写真という映像を加わえるだけで、現地の様子を詳細に伝えることができることに気付き、閃いたのが写真だけによる『震災時・災害時 帰宅写援マップ』です。主要道路とその町並み、公園等の写真を事細かに記録し、実際に歩いた感覚を提供します。これにより、頭にも残り易く、地図が読めない人、携帯していない人でも、震災時、災害時に自宅へ帰れると思いました。こうして“写真地図”の試作が始まりました。

 写真地図は撮影から始まります。まずは首都圏版として、第一、第二京浜や甲州、川越街道などを歩いては、周りの景観を事細かに撮影しました。写真は約1万枚、データの総容量は、16GBだったと思います。写真地図を楽しんで見ていただく為に、BGM入りのスライドショウで完成させるのが課題でした。最初はテレビでも見れるようにとDVDビデオが作成できるソフトを購入(2本)して試してみましたが、画質が悪くとても見れたものではありません。他に無いのかと探したのが、『蔵衛門』です。試してみたところ、蔵衛門のスライドショウは、画質が落ちることもなく満足のいく仕上がりでした。そして、蔵衛門を持っていない人でも見ることができる【ビューワ出力】。この機能は、大変ありがたかったです。CD-ROMができた時は、思わず嬉しくて万歳をしてしまいました!

  『震災時・災害時 帰宅写援アルバム』が世のためになり人々の助けとなることを願い、制作にいそしんできました。近々、私のホームページで公開する予定です。いずれ、有償販売も視野に入れています。私は、震災や災害用に作成しましたが、散歩しながらその町の景観を撮り残すのも、後々の思い出になることでしょう。皆様も『震災時・災害時 帰宅写援アルバム』のように、ハイキングを兼ねて写真地図を蔵衛門で作成してみては、いかがでしょうか。

 

渡辺様ありがとうございました。東京に住む私にとって、何箇所か馴染みのある場所がありましたので、楽しく拝見させていただきました。これだけ首都圏を歩き回られているのですから、ひょっとしてすれ違ったかもしれないですね。まだ試作中とのこと、完成した際には、是非ご連絡ください。

スーパーユーザーの
アルバムを見てみよう!!
拡大して表示
自作のCDラベル
※クリックで拡大表示

クリックしてダウンロード
スライドショウの
オープニング画像
※クリックで拡大表示

拡大して表示
進行方向を矢印で案内
※クリックで拡大表示

ホームページへ
トイレなどの休憩所
※クリックして拡大表示

 

蔵衛門やつくり〜んセーバーをご利用になって、『こんな使い方をしています』というお話をぜひお寄せください。(採用させていただいた方には、最新版の蔵衛門をプレゼントいたします)
宛先はこちら→ magazine@triworks.com
©2014 LECRE Inc. All right reserved.

"くらえもん.com"はアルバム作成ソフト"蔵衛門"のオフィシャルサイトです。"蔵衛門""デジブック"は株式会社ルクレの登録商標です。

サイトポリシー プライバシー 会社案内 LECRE Inc.