回転で若干ピクセル数が変わることについて

ロスレス回転
回転を行うと、画像のピクセル数が若干変わることがあります。これは、回転によるJPEG画像の劣化を防ぐ「ロスレス回転」の仕組みによるものです。

ロスレス回転では、1枚の画像を、いくつもの非常に小さな正方形に分割して回転処理を行う(縦と横の座標を入れ替える)ことで、回転による劣化を防ぎます。

そのため正方形に分割する際、割り切れなかった「余り分」だけ、画像のピクセル数が調整されます。この若干のピクセル数の変更を防ぐには、以下の手順でロスレス回転の機能を解除します。(解除すれば、画質の劣化やExif情報の欠損が起きてしまいます)

(1)

本棚ウインドウを右クリック⇒[設定]⇒[プログラム全体の設定]の順にクリックします。

(2)

[その他の詳細設定]の設定ボタンを押し、さらに次に表示される[その他]タブをクリックします。
(蔵衛門2005では、一番右端にある[その他]タブをクリックします)

(3)

下の方にある、「ロスレス回転を行わない」にチェックを入れ、一番下にある[OK]ボタンをクリックします。
ロスレス回転を行わない

(※)「ロスレス回転」の機能は、バージョン2005以降の製品版「蔵衛門」か、ver.2以降の「デジカメ一発整理」からサポートされています。

前へ戻る