補助率100%で自己負担額はゼロ!の補助金認定商品

工事写真業務
テレワーク支援キット

「工事写真業務テレワーク支援キット」は、東京都が実施する中小企業を対象とした補助金事業である「はじめてテレワーク」の対象商品に認定されました。「働き方改革関連法案」により建設業は2024年までに月の残業を45時間以内にすることが義務付けれられます。特に長時間労働になりやすい現場監督。蔵衛門は、現場監督と事務職テレワーカーによる分業を提案します。分業を可能にする「工事写真業務テレワーク支援キット」で働き方改革を推進しよう!

※在庫に限りがあります。補助金活用を検討されるお客様はまずは、くらえもん☆オンライン(03-4500-6702)にお電話ください。
※申請に関わるご支援は出来かねますのでご了承ください

補助率100%で自己負担額はゼロ!の補助金認定商品

工事写真業務
テレワーク支援キット

「工事写真業務テレワーク支援キット」は、東京都が実施する中小企業を対象とした補助金事業である「はじめてテレワーク」の対象商品に認定されました。「働き方改革関連法案」により建設業は2024年までに月の残業を45時間以内にすることが義務付けれられます。特に長時間労働になりやすい現場監督。蔵衛門は、現場監督と事務職テレワーカーによる分業を提案します。分業を可能にする「工事写真業務テレワーク支援キット」で働き方改革を推進しよう!

※在庫に限りがあります。補助金活用を検討されるお客様はまずは、くらえもん☆オンライン(03-4500-6702)にお電話ください。
※申請に関わるご支援は出来かねますのでご了承ください

どこからでも工事写真台帳の確認・提出が可能

現場監督が『蔵衛門Pad』で撮影した工事写真をWiFi経由でアップロード、工事内容に合わせて自動的に写真が仕分けられ工事写真台帳に保存されます。台帳はクラウド上に保管されるので、インターネットが繋がる環境なら、テレワーカーは、どこからでも工事写真台帳を確認・修正ができ、そのまま発注者・元請け会社への提出も可能です。

クラウド上で台帳を作成・共有

※工事台帳のURLを共有していただくことで、パソコン等で閲覧・編集が可能になります。なお、複数の『蔵衛門Pad』のデータを一か所の『蔵衛門クラウド』に入れることはできません。

工事の進み具合も『蔵衛門Pad』からメールで受け取れる

『蔵衛門Pad』から、工事の進捗状況をすぐに報告を受けることが可能。共有する相手のアクセス権限(閲覧のみ/編集可)を選択することもできるので、安心して共有することが可能です。工事案件ごとにそれぞれIDが発行されるので、複数の案件を同時に進められます。

『工事写真業務テレワーク支援キット』で
ここまで業務が変わる

『工事写真業務テレワーク支援キット』で、今まで現場監督がひとりで行なっていた業務をテレワーカーと分業することが可能になります。さらに木製黒板とデジカメを使っての工事写真業務と比較して、工事写真業務全体の業務効率化も実現できます。現場監督の負担が確実に軽減できます。

テレワーク支援キット導入前

  1. @黒板に工事情報を書く
    撮影ごとに現場で何回も書かなくてはいけない。
  2. Aデジカメで撮影
    職人さんに黒板を持ってもらわないといけない。
  3. Bデジカメの写真を整理してから台帳を作成・提出
    大量の写真を仕分けるのに時間がかかる。黒板の文字を台帳に打ち込むのも手間。

テレワーク支援キット導入後

  1. @事前に黒板を用意
    黒板はパソコンでまとめて作成が可能。
  2. A工事写真を撮影・クラウドにアップロード
    写真は自動で仕分けされ、台帳化。黒板の文字も自動で台帳へ保存される。
  3. B台帳の確認・修正・提出
    既に出来上がった台帳の確認、修正が可能。発注元・元請け会社への提出までできる。

撮影から台帳提出までの作業時間を1/4に削減

『工事写真業務テレワーク支援キット』を導入することで、それぞれの工程の作業時間は格段に短くなります。特に工事写真管理については1/9に短縮。トータルで、全体の工事写真業務の時間は1/4まで削減できます。

「はじめてテレワーク」
申請について

※在庫に限りがあります。補助金活用を検討されるお客様はまずは、くらえもん☆オンライン(03-4500-6702)にお電話ください。
※申請に関わるご支援は出来かねますのでご了承ください

事業の要件

東京都が実施するテレワーク導入に向けたコンサルティングを受けた中堅・中小 企業等で、以下の項目に該当する事業者が対象です。

  • (1)都内に勤務している常時雇用する労働者を2人以上999人以下、かつ6か月以上継続して 雇用していること
  • (2)就業規則にテレワークに関する規定がないこと
  • (3)東京都が実施する「2020TDM推進プロジェクト」に参加していること

事業の流れ

コンサルティングの実施

コンサルティングの実施

東京都が実施するコンサルティングを受けてください。

テレワーク導入機器の選定

テレワーク導入機器の選択

『工事写真業務テレワーク支援キット』を選択してください。

東京しごと財団へ申請

東京しごと財団へ申請

申請が採択されたのち、製品をご購入いただきます。

キット内容

(KP-03FJ)

建設業シェアNO.1の電子小黒板専用タブレット『蔵衛門Pad』。10インチの堅牢タイプです。

※蔵衛門Pad(KP-03FJ)は2016年発売の旧モデルになります
※蔵衛門Pad(KP04-QZ)、蔵衛門Tough、蔵衛門Padminiは『工事写真業務テレワーク支援キット』の対象でありません

GOLD CARD
(3セット)

『蔵衛門クラウド GOLD CARD』3枚で3ヶ月間の利用が可能。3,000枚の工事写真を保存できます。

※コードの有効期限が切れると、作成した台帳は削除されます。もう一度コードを入力すると台帳を作り直すことは可能ですが、データの引き継ぎはできません。
※コード入力期限は、購入から3ヶ月以内です

ご購入はこちら

工事写真業務
テレワーク支援キット

(税込:円)
  • 在庫状況:
  • 送料無料

『工事写真業務テレワーク支援キット』導入についてご連絡ください

くらえもん★オンライン
営業時間 平日9:00~18:30
※木曜のみ9:00〜17:00

ページトップ