蔵衛門 御用達」へようこそ

蔵衛門 御用達」は、工事写真の電子納品に対応したデジタル写真管理ソフトウェアです。「蔵衛門 御用達」には、電子納品の形式に応じた2種類の製品があります。ここでは、製品の概要とそれぞれの製品を使った業務の流れについてご紹介します。

  • □「蔵衛門 御用達」のご紹介
  • □「蔵衛門 御用達」を使った業務の流れ
  • □「蔵衛門 御用達」を使った操作の流れ

蔵衛門 御用達」のご紹介

↑トップへ戻る

蔵衛門 御用達」とは

近年、国土交通省をはじめとして、地方自治体、官公庁へのデジタル写真の電子納品が広く行われるようになってきました。電子納品のデータ形式については各発注機関にて要領/基準が規定されています。各要領/基準では、工事情報や写真情報をXML 形式と呼ばれるデータ形式で作成することになっています。
蔵衛門 御用達」は、電子納品に対応したデジタル写真管理ソフトウェアです。「蔵衛門 御用達 Professional」を使えば、各要領/基準に準拠した納品物も簡単に作成することができます。

【参考】
XML 形式については、本章の「■ 各要領/基準に準拠した電子納品とは」を参照してください。
蔵衛門 御用達」での作業イメージを以下に示します。
  • ※国土交通省 営繕工事電子納品要領の場合は、工事写真のみフォルダに整理した形式で納品するため、XML 形式のデータは出力しません。
  • ※ 「蔵衛門 御用達 Professional」にて出力可能な電子納品物は、写真のデータのみとなります。打合せ簿や施工計画書などを含めた総合的な電子納品が必要な場合は、別途電子納品用ソフトが必要となります。

作成する方法は、■6章 応用編:電子納品する場合の操作の「写真以外の電子納品データを整理する」を参照してください。

  • 電子納品データを閲覧するには、各要領/基準に対応したビューワソフトが必要です。
↑トップへ戻る

製品一覧

蔵衛門 御用達」シリーズには、「蔵衛門 御用達 Standard」と「蔵衛門 御用達 Professional」という2種類の製品があります。

蔵衛門 御用達 Standard
パソコン1台での操作を前提として、工事写真の編集、工事写真台帳の印刷ができます。
蔵衛門 御用達 Standard」では各要領/基準に準拠した電子納品データを出力することはできません。
蔵衛門 御用達 Professional

蔵衛門 御用達 Professional」には、「蔵衛門 御用達 Standard」の機能に、各要領/基準に準拠した電子納品データの入出力機能、ネットワーク接続されているファイルサーバーを介したデータ共有機能が追加されています。

□ライセンスについて
●1ライセンス版
パソコン1台でご利用いただけるパッケージです。シリアル番号、認証コードが同梱されています。
●5ライセンス版
パソコン5 台までインストールしてご利用いただける使用許諾の付いたパッケージです。
シリアル番号、認証コードが同梱されています。
●10ライセンス版
パソコン10台までインストールしてご利用いただける使用許諾の付いたパッケージです。
シリアル番号、認証コードが同梱されています。
 
 
【注意】
  • ・ セットアップできる台数は1ライセンスに対し1台だけです。既にセットアップしたパソコンにプログラムが残っているまま、別のパソコンにセットアップすることは不正利用となります。
  • ・ 本ソフトは、会社/自宅でご利用の場合でも2本の購入かライセンス版の購入が必要です。
  • ・ 古いパソコンから蔵衛門御用達を完全に削除した後、新しいパソコンにセットアップすることは正当な利用と認められます。
  • ・ 5/10ライセンス版を含め、サーバへプログラムをセットアップしても御用達 Professional は動作しません。なお、ライセンス版のカウントは、同時接続台数ではなくセットアップしたパソコンの台数です。
○「蔵衛門 御用達」シリーズの機能差
※「御用達」の表記がない個人ユーザ向け「蔵衛門」とデータ互換はありません。
↑トップへ戻る

蔵衛門 御用達」を使った業務の流れ

↑トップへ戻る

電子納品物作成までの作業の流れ

蔵衛門 御用達」を使った業務の流れを以下に示します。

【ワンポイントアドバイス】
作成途中のデータに関しては定期的にバックアップをとられることをおすすめいたします。詳細は■8章「工事のバックアップを作成」を参照してください。
@撮影

・デジタルカメラでの撮影
デジタルカメラを使って、工事写真を撮影します。
撮影する写真に応じて、撮影解像度や圧縮率をカメラ側で適切に設定することをお勧めします。要求される写真のサイズと画質を考慮し、必要以上に大きくしないことが重要です。
たとえば、構造物の全景は大きなサイズで撮影し、使用材料の部品などは小さなサイズで撮影するなどの工夫が必要です。
各要領/基準の標準的な指針では、以下のように定められています。

指針
デジタルカメラ 100〜300万画素程度
データ形式 JPEG(Exif)
※100〜300万画素は提出写真の有効画素数

蔵衛門Pad(専用端末)/蔵衛門工事黒板(iOSアプリ)での撮影
蔵衛門Padや蔵衛門工事黒板を使って、工事写真を撮影します。
解像度を設定することができるため、スムーズに撮影を進める事が可能です。

A 撮影した画像の取り込み
蔵衛門Pad/蔵衛門工事黒板/デジタルカメラで撮影した画像を、「蔵衛門 御用達」のアルバムに整理して貼り付けます。
B 撮影した画像への工事写真情報登録

各要領/基準に準拠した電子納品データ出力を前提とした場合は、この操作が必要です。
電子納品データ出力が不要な場合は、この操作を行う必要はありません。
電子納品データを提出する場合は、写真1枚ごとに、写真タイトル、写真区分、工事種目、施工管理値など、規定された文字情報を登録する必要があります。
また、任意の入力項目については、提出先によって必要かどうかが異なります。あらかじめ提出先に確認しておくことをお勧めします。

C アルバムの表示情報の編集
蔵衛門 御用達」の電子アルバムの文字編集欄にコメントを入力します。
工事写真情報から文字情報をコピーしたり、見やすい文字列に変更したりすることができます。
D 参考図の登録

撮影したデジタル写真に対する参考図を登録します。
あらかじめCADソフトなどで作図し画像変換されたデータを登録することができます。

E 納品物の作成

台帳の印刷
従来の台帳に準じた形式で、工事写真台帳を印刷することができます。
サムネイル形式に変更したり、1 ページあたりの表示枚数を任意の数に変更したりして印刷することも可能です。

【ワンポイントアドバイス】
サムネイル形式とは、多数の画像を一覧として表示できるように縮小した画像のことです。画像編集ソフトなどでは、サムネイル形式で縮小表示された一覧から1つの画像を選んでクリックすると、本来の大きさで表示されるようになっています。インターネットのホームページでも、この方式が採用されています。
電子納品データの出力 
写真および工事全体の情報を登録した後、あらかじめ選択した各要領/基準に準拠した電子納品データを出力します。
↑トップへ戻る

各要領/基準に準拠した電子納品とは

各発注機関にて電子納品の要領/基準が規定されています。ほとんどの要領/基準では、工事情報や写真情報をXML 形式と呼ばれるデータ形式で作成することになっています。

○XML 形式とは
XML(eXtensible Markup Language)形式とは、異なる種類のコンピュータ間でデータをやり取りするために定められた規格のひとつで、特にインターネットでのやり取りを考慮した方式です。
国土交通省をはじめとし、地方自治体、官公庁へのデジタル写真の電子納品の規格として、今後はこの方式が標準となっていくことが予想されます。
○XML 形式のデジタル写真の電子納品
XML 形式の電子納品の概要を以下に示します。

提出された電子納品物は、参照用の専用ソフトウェアを使って、検査などに利用されます。

↑トップへ戻る

提出する電子媒体の形式について

電子媒体の物理構造については、付録の「電子納品データについて」を参照してください。
電子納品の要領/基準に関する仕様については、以下のサイトを参照してください。

国土交通省
URL http://www.cals-ed.go.jp/

※営繕工事電子納品要領(案)
URL http://www.mlit.go.jp/gobuild/kijun_cals_cals.htm
情報のアドレスは変更される可能性があります。必要な情報が見つからない場合は、
URL http://www.nilim.go.jp/
から、サイトマップなどを利用して情報を検索してみてください。
農林水産省
URL http://www.maff.go.jp/j/nousin/seko/nouhin_youryou/index.html
NEXCO
URL http://www.ri-nexco.co.jp/
首都高速道路株式会社
URL https://www.shutoko.co.jp/business/bidinfo/
↑トップへ戻る

蔵衛門 御用達」を使った操作の流れ

↑トップへ戻る

電子納品を行う場合

蔵衛門 御用達」を使った操作の流れを以下に示します。

電子納品を行う場合】

@ 工事の作成とA基準案選択(工事全体の情報登録)

各要領/基準に準拠した電子納品データ出力を前提とした場合は、該当する基準で工事を作成する必要があります。
作成した工事の基準案は後から変更できないため、あらかじめ提出先に確認しておくことをお勧めします。
電子納品データを提出する場合は、写真1枚ごとに、写真タイトル、写真区分、工事種目、施工管理値など、規定された文字情報を登録する必要があります。
また、任意の入力項目については、提出先によって必要かどうかが異なります。

【ワンポイントアドバイス】
A-1 営繕工事を選択する場合には、【6.応用編:電子納品する場合の操作】営繕工事の写真管理についてを参照ください。
B アルバムの作成と写真の取り込み

蔵衛門Pad/蔵衛門工事黒板/デジタルカメラで撮影した画像を、「蔵衛門 御用達」のアルバムに整理して貼り付けます。

C 工事写真情報(X)の入力

各要領/基準に準拠した電子納品データ出力を前提とした場合は、この操作が必要です。
電子納品データ出力が不要な場合は、この操作を行う必要はありません。
電子納品データを提出する場合は、写真1枚ごとに、写真タイトル、写真区分、工事種目、施工管理値など、規定された文字情報を登録する必要があります。
また、任意の入力項目については、提出先によって必要かどうかが異なります。あらかじめ提出先に確認しておくことをお勧めします。

D 参考図の登録と作成

撮影したデジタル写真に対する参考図を登録します。
あらかじめCADソフトなどで作図し画像変換されたデータを登録することができます。

E-1 印刷する(工事写真台帳印刷)

従来の台帳に準じた形式で、工事写真台帳を印刷することができます。
サムネイル形式に変更したり、1 ページあたりの表示枚数を任意の数に変更したりして印刷することも可能です。

E-2 電子納品データを作成

各要領/基準に準拠した電子納品データ出力(XML形式)写真および工事全体の情報を登録した後、あらかじめ選択した各要領/基準に準拠した電子納品データを出力します。
電子納品をしない設定で工事をした場合、電子納品データ出力のアイコンは表示されません。

↑トップへ戻る

電子納品を行わない場合

蔵衛門 御用達」を使った操作の流れを以下に示します。

電子納品を行わない場合】
※処理をクリックすると該当ページへ移動します

@ 工事の作成(工事全体の情報登録)

電子納品を行わない場合には、一般土木工事もしくは、一般建築工事を選択してください。

A アルバムの作成と写真の取り込み

蔵衛門Pad/蔵衛門工事黒板/デジタルカメラで撮影した画像を、「蔵衛門 御用達」のアルバムに整理して貼り付けます。

B 文章(T)の入力

電子納品(XML形式)が不要な場合は自由に文字を入力できる文章【T】の登録をおすすめいたします。

C-1 印刷する(工事写真台帳印刷)

従来の台帳に準じた形式で、工事写真台帳を印刷することができます。
サムネイル形式に変更したり、1 ページあたりの表示枚数を任意の数に変更したりして印刷することも可能です。

↑トップへ戻る