御用達 Professionalで工事を共有して利用する

 

蔵衛門御用達 Professional」は、2台以上のパソコンから工事を共有して利用することができます。写真の整理や工事情報の登録を分担して効率よく行うことができます。

工事の共有を行う場合、蔵衛門ドライブを除くWindows以外の共有接続は動作保証致しかねます。
LAN直結のハードディスク装置や、Linux,MacOSのサーバーは動作保証外です。

    □ライセンスとシステム構成

    □工事を共有する手順

ライセンスとシステム構成

↑トップへ戻る

ライセンスについて

↑トップへ戻る

工事を共有する場合のシステム構成

基本構成としては、パソコン同士で接続する場合と、データをファイルサーバに格納してパソコンから接続する場合の2通りあります。

1.蔵衛門御用達をインストールしたパソコン間で工事を共有する場合

2.共有サーバーに工事のデータを保管し、蔵衛門御用達をインストールした複数のパソコンから共有して利用する場合

工事を共有する手順

↑トップへ戻る

事前準備

共有する工事のデータを保管する共有フォルダを用意します。共有フォルダは、蔵衛門御用達をインストールしたパソコン、蔵衛門ドライブ、またはファイルサーバなど、共有し利用するパソコンとLANで接続されているコンピュータに用意します。

蔵衛門御用達を使用するWindowsのログインユーザが、共有フォルダを参照・書込み可能であることを確認してください。


■共有工事のデータフォルダの作成蔵衛門御用達の操作ではなく、Windows側での設定が必要です)

↑トップへ戻る

注意事項

↑トップへ戻る

共有工事を作成する

事前準備で作成した共有工事のデータフォルダへ、蔵衛門 御用達を使い共有する工事を用意します。
共有工事を新規作成する場合と、既存の工事を共有する場合で、操作方法が異なります。

↑トップへ戻る

工事を共有する

 

1.工事一覧画面から「工事を共有」をクリックします。

2.共有フォルダの選択画面が表示されます。

⇒共有工事のフォルダを選択し、「フォルダーの選択」をクリックします。

【ワンポイントアドバイス】
ネットワークのサーバを直接指定してもうまくいかないときは、共有フォルダに対し、Windows上でネットワークドライブの割り当てをして下さい。ネットワークドライブの割り当て方法はWindowsのヘルプ等を参照して下さい。

3.工事一覧画面に共有工事が追加されます。

↑トップへ戻る

共有工事を利用する

共有工事を利用する場合は、他のパソコンからも利用するため、利用制限があります。

⇒全体のデータに関わる操作を行う場合は、複数のパソコンで利用を一旦やめて一台のパソコンから行ってください。

↑トップへ戻る

共有工事を管理する

共有工事に対して共有を登録をしたパソコンや使用中のパソコンを確認するには、【共有工事管理】を利用します。

万一、利用中にネットワーク障害やパソコンの破壊などにより、共有工事上に障害が発生したパソコンのライセンス情報が残った場合に、共有している他のパソコンから共用を解除することができます。

1.【スタート】メニューの【すべてのプログラム】から【蔵衛門 御用達Professional】の【共有工事管理】を選択します。

⇒【警告】ダイアログボックスが表示されます。

2.【OK】ボタンをクリックします。

⇒【共有工事の利用状況確認】ダイアログボックスが表示されます。

3.利用中の情報を削除する。

共有して工事を利用中にネットワークの切断などにより、利用していないにも関わらず、利用中の状態が残ってしまった場合などに行います。

対象の工事を利用中のコンピュータの一覧から、コンピュータを選択し、【共有情報を変更】を選択します。

⇒【共有工事の利用情報の初期化】ダイアログボックスが表示されます。

⇒【はい】を選択すると、選択したコンピュータの利用情報が削除されます。

選択されたコンピュータは、共有工事を使用していない状態になります。

4.共有している情報を削除する。

共有工事を利用していたパソコンのコンピュータ名を共有を解除する前に変更した場合などに行います。

対象の工事を共有しているコンピュータの一覧から、コンピュータを選択し、【共有情報を変更】を選択します。

⇒【共有工事の利用情報の初期化】ダイアログボックスが表示されます。

⇒【はい】を選択すると、選択したコンピュータの共有情報が削除されます。

選択されたコンピュータは、工事を共有していない状態になります。

↑トップへ戻る