「蔵衛門Padが、人の無理と作業の無駄を省いてくれる」

人々や物流の安全を守る信号はもとより、道路照明、ETCなどの交通工事を数多く手がける共栄電業株式会社。特に信号機の保守については大阪府下全域を担当、24時間365日体制で対応をおこなっている。同社では10年前からITチームを編成、業務のペーパーレス化をはじめ、人の無理・無駄を省くことに注力してきた。その指揮を執るのが常務取締役の今井雅人氏。彼が注目したのは、蔵衛門Padだった。

施工管理業務をデジタルで効率化。作業の無理と無駄を省く
大量の工事黒板や図面を蔵衛門Padで持ち運び、ペーパーレス化
忘れ物や撮り忘れなどのミスも激減

交通インフラという危険な現場

「従来方式での施工管理、中でも工事写真の撮影には、改善すべき“無理”と省けるはずの“無駄”が多い」と、今井氏は語る。

今井氏「1日に15個所もの交差点を回り、およそ100枚の現場写真を撮影します。現場と同じ数の図面を抱え、一般車両や歩行者の通行をできるだけ妨げず、同時に自らの安全にも配慮しつつの作業です。もちろん、速さと正確さもまた求められる。しかし、現場の数が増えてくると、黒板の一部を書き換え忘れたり、忘れ物をしたりとミスが起こる可能性は増えます。

黒板の内容も、道路端に立てひざの姿勢で、かつチョークで急いで書くので、綺麗に書くのは難しい。風や雨の日は黒板が飛んだり濡れたりしますし、撮影だけでも想像以上に大変なんです。つまり、ワークフローにそもそも無理が生じているんですね」

▲今井氏は、従来の作業環境に大きな問題意識を持っていた

しかも、これらはすべて現場監督ひとりあたりの作業とのこと。これら環境の改善を大きな課題と考えていた今井氏は、あるとき蔵衛門Padに出会う。

業務効率化の鍵「ITチーム」

蔵衛門Padを見つけたのは、ITチームのメンバーだった。

今井氏「ITチームを編成したのは、10年ほど前。以来、業務改善のために常にソリューションを考え、情報収集をしてくれています。蔵衛門Padを見つけたのも彼らでした。早速問い合わせて、ITチームと一緒に実機のデモを見せていただきました」

なお、今井氏は大阪で開催された説明会にも参加している。その熱心さからも、蔵衛門Padに問題解決への手応えを感じていたことがうかがえる。

今井氏「大阪では現場監督にも同行してもらったので、実際の使い勝手をリアルに検証できました。このとき、実機を触った社員の意見や感想を聞いて、これは行けそうだと感じましたね。そこで、まず試験的に1台導入してみよう、と決めたのです」

現在、試験運用はきわめて順調に進行中。「現場での作業効率が格段に上がった」と今井氏はいう。

▲今井氏はずっと抱えていた問題の解決への糸口を蔵衛門Padに見出す

今井氏「何より、手荷物が圧倒的に減りました。工事黒板は内部メモリに保存できるし、カメラは搭載されている。設計図にしても、PDFにすることで全部格納できてしまいます。蔵衛門Padひとつ持てば、1日の現場をすべて回れてしまう」

▲蔵衛門Padを導入して、工事写真の撮影環境が劇的に改善された

蔵衛門Padで、責任ある工事環境を構築

これは非常に大きなポイントだと今井氏は語る。

今井氏「まず、現場での疲労が圧倒的に少ない。その日に使用する黒板をあらかじめ事務所で作成して行けば、現場では黒板を選んで撮影するだけ。作業がシンプルになるので、ミスも減ります。自然と心に余裕ができるので、周囲の安全にも気を配れるようになる。それと、忘れ物がなくなります。

これはすなわち、忘れたものを“取りに帰る”という無駄な時間を省けるということです。これは狙い通りでした。ほかにも、両手でしっかりとホールドできて撮りやすく、防水仕様なので、雨に濡れても黒板の文字が消える心配がないなど、蔵衛門Padはまさしく交通工事に最適なツールといっていいでしょうね」

また、図面などを紛失する心配がない点も高く評価された。共栄電業は官公庁を取引先とする業務も多く、関係書類の紛失はあってはならないからだ。会社の信用問題だけでなく、市民生活に影響する可能性もある。蔵衛門Padを使うことで、責任ある工事環境もまた構築できると、今井氏は考えている。

▲従来の黒板は、書き換えるたびに黒板が汚くなり、雨に濡れれば文字が消えてしまう

期待は次のステージへ

現場監督が撮影した工事写真の整理は、黒板の工事名や撮影枚数などの確認も含めて、前述のITチームが担当。交通関係は役所での手続きや書類提出が多く、多忙を極める現場監督の負担を軽減するためだ。

今井氏「無理はミスを生みますから。ちなみに、蔵衛門Padにしてからは、工事名の間違えや撮り忘れがなくなって、撮り直しなどの手戻りが大きく減りました。それに、蔵衛門御用達との連携機能のおかげで、台帳作成時に文字入力や仕分けをする必要もない。結果的に現場監督だけでなく、ITチームの業務効率化にも大きく貢献してくれています」

どうやら蔵衛門Padは、信号工事での運用において十分な成果を上げたといえそうだ。この実績をもとに、今井氏は蔵衛門Padの試験運用を次のステージに移行しようと計画している。

今井氏「次は、高速道路ETCの工事(阪神高速・NEXCO)の案件に利用したいと考えています。この案件はとにかく必要な写真の量が多い。

▲写真の仕分け方法の細分化やBOX作成機能により、
大量の台帳も整理しやすくなった

常に4枚の黒板を使って、書きながら撮影しないと間に合わないほどです。現在は、黒板を書く係と撮影係を分担することで対応していますが、この状態を蔵衛門Padでどこまで効率化できるか、ぜひ試してみたいですね。蔵衛門Padは黒板を何百枚も保存して持ち運べるし、大量の黒板撮影が必要な案件に向いていると思うんですよ」

社員の無理と作業の無駄をできる限り省くことで、仕事の質のさらなる向上を目指す今井氏。ITチームの活躍や蔵衛門Padの導入という積極的な施策により、その構想は着々と実を結びつつある。

▲蔵衛門Padは黒板を何百枚も保存して持ち運べるし、大量の黒板撮影が必要な案件に向いていると、今井氏は考えている。

今井氏のここがお気に入りポイント

従来の工事写真撮影に必要なものが、すべて蔵衛門Padの中に収まってしまう。作業員の機動力の向上にも期待。

蔵衛門Padで業務の省力化を実現しよう!

くらえもん☆オンラインで販売中
蔵衛門Pad

お見積もり・ご購入はこちら

資料請求はこちら