閉じる

蔵衛門Pad 4th & 蔵衛門Pad mini

デュアルカメラで
超広角写真が撮れる

第2世代
「蔵衛門Pad Tough」

  • 2つのカメラ
  • 耐落下
  • 耐熱耐寒
NETIS
電子小黒板4年連続NO.1
JACIC
i-Construction

「蔵衛門Pad Tough」は、防塵防水に加え、耐落下・耐熱耐寒仕様となる特別生産モデルです。第2世代は、国内販売の堅牢タブレットでは初となるデュアルカメラを搭載。超広角レンズにより、足場や鉄筋工事中の限られたスペースでも施工箇所を隅々まで写真に記録することができます。もっとも現場に特化した「蔵衛門Pad Tough」で生産効率を上げましょう。

耐熱仕様の8インチディスプレイ、2つのカメラを搭載した超堅牢タブレット

蔵衛門Pad Tough(KP08-NV)

通常価格

119,800円(税込 131,780円)

脱デジカメ!
電子小黒板タブレットとは?

電子小黒板とは、工事写真を撮影する際に配置する、撮影状況(工事名・工種・略図など)を書いた小黒板を電子化したものです。木製黒板と見た目が全く同じで、文字や略図を手で書く必要がなく、撮影画面で自由に黒板を配置が可能です。

また大量の工事写真も、「自動仕分け機能」で黒板に書いた文字は電子データとして写真に組み込まれるため、写真整理の作業効率向上につながります。電子小黒板を導入して、工事写真業務の負担を減らしましょう。

デジカメ+黒板

木製黒板とデジタルカメラの写真

電子小黒板

蔵衛門Padで電子小黒板を使う写真
▼『電子小黒板』についてもっと詳しく知る

デュアルカメラ搭載、
プロのための特別仕様モデル

工事写真専用タブレット「蔵衛門Pad」は、「カメラのいらない電子小黒板」をコンセプトに2014年に登場。過酷な環境でも安心して使える防塵・防水ボディに耐衝撃ケースを標準装備した工事写真専用タブレットとして、発売から5年間以上で29業種、121,800を超える公共・民間工事の現場に導入されています。

そんな電子小黒板をリードしてきた蔵衛門Padが完全リニューアル。基本性能を大幅にパワーアップするとともに、多様化する現場ニーズに応える究極の工事写真専用タブレットへと進化しました。その名も「蔵衛門Pad Tough」。過酷な現場で働くプロフェッショナルのための特別仕様モデルです。

GORILLA GLASS

通常ガラスの6倍強い!
GORILLA GLASS採用

「蔵衛門Pad Tough」は、ディスプレイに「GORILLA GLASS3(ゴリラガラス)3」を採用。「GORILLA GLASS3」は、コーニング社が製造する化学強化用ガラスで、その強度はなんと、通常ガラスの6倍! 傷や衝撃、曲げに強いため、細かな擦傷による曇りや乱反射のない、クリアで見やすい画面を保つことができます。

専用設計の
防塵・防水・耐衝撃ボディ

「蔵衛門Pad Tough」には、防水や耐衝撃性能を持つケースが付属しません。理由は、本体そのものがシーリングされ、耐衝撃バンパーを持つ専用設計だから。防塵・防水の性能は、「国際電気標準会議(IEC)」規定の「IP68」。あらゆる大きさの固形物、粉塵が内部に侵入せず、かつ一定の水圧で30分間水中に浸かっても有害な影響がない製品に与えられる等級です。このほか、「蔵衛門Pad Tough」は高低温動作や振動、自由落下、連続落下など、計15種類もの過酷な信頼性テストをパスしています。

軍手で操作できる!
物理ボタンを装備

「軍手を装着したまま操作したい」というユーザーからのご要望に応え、『蔵衛門Pad Tough』には物理ボタンを装備。軍手を着脱する手間を省き、快適に工事写真を撮影できます。

軍手で操作できる物理ボタン

施工品質が伝わる
『電子マーカー』

『蔵衛門Pad』で撮影した工事写真の上から電子マグネットや補助線を描画し、画像改ざんにあたらないよう別レイヤーとして保存する「電子マーカー」機能を搭載。配筋検査において必要なマグネット等を、貼りつけたり回収したりする手間がなくなります。

極寒の現場、
真夏の酷暑でも動作

「蔵衛門Pad Tough」は、温度マイナス20℃から60℃までの動作を保証。一般のタブレットでは動作不能となる極寒の現場から真夏の猛暑まで、過酷な環境下で働くプロフェッショナルのための特別なツールです。

超広角カメラで
現場を隅々まで撮影

第2世代「蔵衛門Pad Tough」は、国内販売の堅牢タブレットでは初となるデュアルカメラを搭載。標準レンズの1.75倍の広さで撮影できる超広角レンズにより、足場や鉄筋工事中の狭いスペースでも施工箇所を隅々まで記録できます。記録写真データは、CALSに準拠。1,000万画素を超える2つのセンサーが、現場の写真を鮮明に残します。

必要なアクセサリー
をすべてセット

「GORILLA GLASS 3」とともに二重の備えで画面を保護するフロントカバー付きショルダーストラップ、軍手を着けた状態でも画面操作が可能なスタイラスペン、ACアダプタ付USB-TypeCケーブルなど、必要なアクセサリーがすべて標準で付属。「蔵衛門Pad Tough」なら購入後に何も買い足すことなく、すぐに使い始めることができます。

シリーズ最高レベル
の基本性能

歴代「蔵衛門Pad」シリーズでもっともパワフルなオクタコア1.8GHzのCPUと、4GB(RAM)により、快適な動作を実現。ファイルサイズの大きな設計図をストレスなく軽快に表示します。また、記録メモリ領域を前モデルの2倍に当たる32GBまで拡大。40,000枚の工事写真が保存可できます。さらに、USB端子にTypeCを採用。PCに接続した際の写真データ転送時間を前モデルの2倍に高速化しました。

NETIS
JCOMSIA
i-Construction

株式会社ルクレは、建設業界のICT化を支援します。

Pマーク

株式会社ルクレは日本工業規格「JIS Q 15001:2006-個人情報保護マネジメントシステム-要求事項」に基づいた基準に適合した
事業者として、日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)よりプライバシーマーク(Pマーク)を認定取得しています。

ページトップ